(∵)高品質な仕事をするための3要素。例=リンゴを売ること。

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

高品質な仕事をするためにはこの3要素が必要だろうと思って仕事をしています。

例えば、「リンゴを売ること」を仕事としてみましょう。

りんご

 

①知識

リンゴの種類や旬の時期、生産場所、特徴。売る相手のターゲットの趣向、リンゴへの認識度や需要、ニーズのある価格帯。売れる時間、売れない時間。。。。まだまだあるとは思いますが。ようするに、「リンゴ」「販売」における知識がなければ売れないでしょう。

 

②技術

自分の仕入れたリンゴの「鮮度」はいいなか悪いのかの判断する技術(ここでは目利き)これは知識だけではなく、自らの経験からくる技術のこと。もし品質の悪いリンゴを販売していたらお客様はすぐにいなくなるでしょう。

 

③向上心

これは一番大事だと思うのですが、上記の「知識」「技術」うを増やそう、磨こうという向上心がなければ現状のまま売り上げをあげることは難しいでしょう、今、ライバルよりも「知識」「技術」があったとしても後発の人間に追い越されるのは時間の問題です。

 

仕事の壁にぶつかった時は上記3点をセルフチェックして何が今自分に足りないのかを分析すると活路は見出せるのではないでしょうか?

知識が足りないのか?技術が足りないのか?向上心が衰退しているのか?さてどれだ 🙁

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク