(∵)職場に問題があるのなら転職も問題解決の検証としてはありだと思う。

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

あるコミニティーで例えば、職場でうまくいかない事ってありますよね?まったくないってのは珍しいほうだと思います。

悩む

さて何が問題でしょう?回りに問題があるのか、自分なのか?

そんな時は、回りの環境を変えてみる(転職)のも一つの方法ではないでしょうか?

職場を変えてみる。自分は変わらないので、変化したのは「職場」。

さて新しい職場にいても問題が発生するとします。その時に、前の職場と今の職場の時と同じ問題が発生したとします。この場合、自分に問題があるのかもしれないとの推測がたちます。でもまだ断定できないかもしれません。

もう一度、職場を変えてみましょう。違う問題が発生したとしましょう。今までとは別の。この場合前回と前々回の職場に問題があった(あくまで自分個人にとっての問題)可能性が示唆されますね。ここで3つの職場の規模、職務内容、人員数、などのデータを照らし合わせたときになぜそれらの問題が発生したのか、発生しないのかなどの「法則性」が多少なりとも把握できるのではないでしょうか。

 

もちろん、照らし合わせた結果、自分に問題があるかもしれません。その場合は、改善できるのか改善したいと思のであればがんばって直すことが必要でしょうし、もしくはこの問題を発生させる自分は変えられない、もしくは変える気がないのであれば(自分の個性は短所になる職場もあるでしょうし、長所になる職場もあるでしょう)、合う職場を探す検証をするのか、個人で事業を起こすのがいいでしょう。

 

問題があった時に、端的に、「会社が悪い}と環境のせいにするのも、「自分はだめな人間なんだ、、、。」と自分を卑下するのもよくないと思います。

完璧な環境や、完璧な人間は存在しないのです。

現状起こっている問題ななぜ起こるのか、原因はなにか、を追究するのが筋だと思います。追求する方法の一つとして、違う環境に行ってみて相対的に検証するのはいいのではないでしょうか。

まぁ、僕は3回職場を変えてみて、自分で事業をしようと思っていますが。頑固だからなぁ。

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク