探し物を見つけられる可能性と成功する可能性の類似性について

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろう」です。

探し物を見つけられる可能性と成功する可能性の類似性について

探す

今日探していた物を他の人に見つけてもらいました。

僕としては探したつもりの範囲内にあったようです。

探し物を見つけられる可能性と成功する可能性の類似性があるのではないかと考えました。

 

探し物がなぜ見つけられなかったのか?

僕が探し物がある場所を探していたのに見つけられなかった理由は、「確信をもって探していなかったから」だと思います。

必ず、この範囲にあるのだ!と思えていなかったのです。「ここかも?」くらいに思って探していました。

しかし、実際探し物を最後に見かけた記憶、そのもの自体を他人が使用することがないこと、など記憶を確認していけば、必ず発見した範囲内にあるはずなのです!確証がなければ見えるものも見えないのではないでしょうか?

 

成功する可能性との類似点は?

成功するのだと「確信をもって行動する」と成功するのではないか。

この方向性は間違いない絶対であると思って行動したら成功できるのではないか。

確信をもてるかどうかは、自分の選択に自信をもっているか(理論的に間違いないとか、経験上間違いないとか)もし自信をもっていなかったら、成功するものもしないのではないか?

 

まとめ

なぜ正しいと思えるのか、また思えないのかは、自分のなかで腑に落ちているかどうかでしょう。探しものなら、絶対ここにあると思えること。成功しないはずがないと思えること。そう思うにはそれなりの自分を納得させるだけのプロセスがあるはずです。それが一番大事ではないでしょうか。

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク