(∵)新聞の文章を書いてる人ってやっぱプロなんだなぁと思った

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

2013年8月17日中日新聞記事

R0014822

 

 

記事の内容は猛暑でりんごが甘くなっていることと、サンゴの白化現象が

起きているってこと。

内容は割愛します。

 

上の画像みてください。

 

上に「暑さ続くと、、、異変」とあり

左右に「リンゴ甘く」「サンゴ白く」

 

下に少し小さな

「温暖化で酸味減る」「沖縄周辺死滅恐れ」

とある。

 

よーは温暖化による影響が2つ書いてあるんだけど

表現がうまいというかまとめがうまいのかな。

 

 

大枠は温暖化ですね。

その中でリンゴの件とサンゴの件が書いてある。

うまく記事の分量も半々になってるし

リンゴもサンゴも三文字で甘く白くもかけれていて

きれいに仕上がっている。

 

まぁ素人に言われたくないと思うけど(笑)

 

 

 

ブログを書いてて思うのだけれど

 

見出しの抽出がやっぱりプロはうまいと思うんですよ!

 

リンゴ甘く 温暖化で酸味減る (5文字8文字)

サンゴ白く 沖縄周辺死滅恐れ(5文字8文)

両方同じ文字数シンメトリー!

 

しかもこの文読むだけでアウトラインはわかるようになっている!

この記事のキーワードをうまく少ない文字数で表現している。

 

参考にさせていただきます。

てかまったく出来てない自分(笑)

まずはインプットなのだ!と言い訳をしてみる。。。

 

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク