(∵)日々は移ろい行くのです。忘れてはなりませぬ。と、曼珠沙華。

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

 

 

気付かぬうちに日々は過ぎ去っていくものですね。

 

毎日働いて帰って寝てなんて同じパターンにはまっていると忘れるものがあります。

 

今日と昨日は同じじゃないし明日が同じだなんてありえないってこと。

 

 

 

 

意外と、忘れてません?

 

 

 

 

今日は昨日の焼き増しじゃないし明日は今日の先に必ずあるもんじゃないって。

 

 

 

忘れないでくださいよ!

 

 

 

ってこの花を見て思ったって話です。

 

 

 

 

話は今日の出勤途中のとこから始まります。

 

今日もいつものコースを愛用のマウンテンバイク君で出勤していた。

 

ぼけーっとスピードラーニングなんてうっすら聞き流しながら。

 

おや?

 

ほぼ毎日通う道。

 

昨日はまったく気付かなかった花が。。。

 

 

真っ赤な花。

 

 

おもわず、マウンテン君を急停車して

彼岸花1

 

あれだけ鮮やかな赤をなんで昨日まで見過ごしてたんだ?

 

彼岸花11

 

彼岸花12

 

彼岸花13

彼岸花ですね。

 

彼岸花さんは言いました。

 

「もう彼岸の季節なんです。日々は移ろい行くのです。忘れてはなりませぬ。」と。

 

さすが別名「曼珠沙華」

 

彼岸花は1週間ほどで華を散らすそうです。

 

みなさんも彼岸花先生に説法してもらいましょう。

 

 

 

 

ところで、愛知県で彼岸花の有名な場所は半田市の矢勝川沿いにあるようです。

 

「ごんぎつね」の新美南吉さんの記念館の近くですね。

 

200万本の彼岸花が咲いていて10月上旬くらいまでみごろとのこと。

 

詳しくは<新美南吉顕彰会・彼岸花のページ>をどうぞ

 

おおまか地図はこちら

 

 

 

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク