(∵)矢勝川沿いのヒガンバナが見頃ですまさに!

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

こないだこんな記事を書きましたが↓

 

(∵)日々は移ろい行くのです。忘れてはなりませぬ。と、曼珠沙華。

 

この記事で書いた、矢勝川沿いの彼岸花が見ごろのようですまさに!

 

中日新聞記事。

 

20130923-114230.jpg

記事抜粋
愛知県の半田市と阿久比町の境を流れる矢勝川で、生誕100年を迎えた郷土の童話作家、新美南吉ゆかりの「200万本の彼岸花」が見頃を迎えた。
中略
南吉さんの代表作「ごんぎつね」の「ひがん花が、赤いキレのようにさき続けていました。」との描写にちばみ、住民が1990年から育てている。

 

 

いやー写真すごいですね!名所なだけあります!
住民のみなさんの20年以上の努力の風景ですね!

 

beautiful!

 

最近は見頃が10月にずれ込んでいたみたいですが今年は「彼岸の中日」にドンピシャのだったみたいです!

 

明日時間あるし見に行こうかなっと!
近くに酒蔵(ここの酒好き)もあるしいけるかなぁっと。

 

追記です。いってきたのです↓

(∵)200万本の真っ赤な彼岸花を観賞してきました!(愛知県半田市)

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク