(∵)激安店 増税はチャンス?消費税8パーセントについて #消費税 #増税 

スポンサードリンク

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

中日新聞記事です。

20131005-175601.jpg

 

消費税増税についての記事です。

 

記事抜粋

来春の消費税増税を見据え、低価格を看板に業績を伸ばしてきた中部地域の280円居酒屋チェーンや100円ショップでも、増税分を価格に転嫁する動きが広がりそうだ。
客が支払う金額は増えるが、賃金が上がらない中での増税で、低価格帯の店舗を利用する人も増えると見て「増税をチャンスにしたい」と期待をかける。

 

たしかに、そうなると思う。

 

すべてが値上がりするから、もともと底辺の価格帯で勝負してたらパイは増えるでしょうね。

その少し上の価格で勝負してるところは厳しいかな。

 

このように増税をチャンスにすることは出来ると思う。

 

どうするって?

 

自社分析をすることによって自社の強みを強化すればいいと思う。

 

まず、どんなお客様が来店するのか良く観察しましょう。

近くの会社員が多いとか、カップルが多いとか。

意識してみれば分かるはず。

一番多い分類の客層を上位3つくらいつかみます。

 

次に、その客層はなぜ自店を選んで利用するのか考えましょう。

直接聞いてもいいでしょう。(業態によるけど)

安いからかもしれないし、接客がいいからかもしれないし、看板メニューを食べたいからかもしれない。

雰囲気がいいからかもしれないし、大将の人柄かもしれない。

 

それらの理由が、強みです。

安いは価格、接客がいいはサービス力、看板メニューはメニュー力、、、、。

 

簡単にその強みを強化すればいいんじゃないでしょうか?

 

増税は全体にかかるわけで、増税分よりも価値を高めることができればいいんです。

 

安直に、安くするとか、原価を下げるとか、人件費を削るのは失敗する可能性があります。

強みを弱くする可能性も孕むからです。

 

自社分析。

 

最初に増税はチャンスと書きましたがその真意はこれです。

 

変化に乗れない会社が勝手に落ちていくからです。

 

適切な自社分析を行い変化の波に乗れれば、落ちないだけで変化前より順位は上がりますからね。

 

注意するのは変化に乗れないこと。

 

 

 

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク