(∵)上に責任があるに決まってる!ホテルの食材偽装について対処法を考えてみた。

スポンサードリンク

(∵)上に責任があるに決まってる!ホテルの食材偽装について対処法を考えてみた。

 ホテル
 

飲食店で働いている僕としてはこのような行為は許せない!
そもそも、自分が提供する側で嘘をつく自体が嫌だ。
そんなものお客様には出したくない。
 
 
どんな理由にせよ、消費者を欺く行為であり許すことはできない。
けれどどのような理由によって偽造が行われたのかによって対処法は違う。
少し、考えてみた。結果、上に問題があるとしか考えられなかった。。
 
これはあくまで僕の個人的な意見です。
 

一、そもそも悪意がある。安くノーブランドを仕入れてブランドとして売る。
これはもう解雇しかないし、当事者もそうだし責任者まで問題がある。

この場合はすべてフラットにして一からやり直し。

 
 

二、仕入れを忘れてしまって。。。など何らかの都合でその食材が手に入らない。
対象メニューを売り切れにしましょう。
また、お客様にはその旨お伝えする。
もし、予約コースなどなら、切らしたメニューより高価なものかもっと魅力的なメニューの提案をする。
 
どんな理由にせよ素直に伝えるのが一番だと思う。
その誠実さが逆に評価されるかもしれないし。
責任はなんだかんだ言っても上の人であろう。
 
 
 
三、従業員に食材の知識がない。間違いに気づけない。
これは会社側のマニュアル整備を徹底。
どこまでを適正な基準として覚えるべきなのかを明確にする。
 
そもそも、何も知識のない人を働かせている方が問題なのです。
誰がどれだけの知識があるのかを上の人間は把握すべきだ!
責任は把握しない上にあると思う。
 
 
 
四、メニューブックの記載が間違っている。もしくは更新されていない。
これは僕も経験あるけどうっかり忘れている。
あるページだけとか一冊だけ古いとか。ついつい…。
メニュー変更などがあった場合は担当の人以外の人に第三者的にチェックしてもらうのが有効だと思う。
 
作った人は思い込みがあって間違っていることに気づかない可能性が高い。
これも最終的には上の責任ですね。
 

 
 
まだあるのだろうけどこんな感じでした。

なんにしても責任は上にある!
その覚悟を持って職務を遂行する必要があると思う。
 
現場が勝手にやって知りませんでしたが、、私の責任です。
なんて違うでしょ?
 
現場の管理を徹底できなかった責任はあります。必ずです。

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク