(∵)自分が信じる記録を変えれば生き方は変わる(尾崎里美さん作 「ちっちゃいおっちゃん」の感想その1)

スポンサードリンク

(∵)自分が信じる記録を変えれば生き方は変わる(尾崎里美さん作 「ちっちゃいおっちゃん」の感想その1)

 

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

読書感想文!

ちっちゃいおっさん

 ちっちゃいおっちゃん 尾崎里美作 カナリヤ書房

 

この本の「ちっちゃいおっちゃん」は「潜在意識」のこと。

自分に自信のない男がちいさな女の子にちっちゃいおっさんのことを教えて貰って成長するストーリー。

4章編成になっています。

今日は、一章「過去の記録」を読んだので気になった文章を抜き出してみた。

 

人間はな、自分の信じた記録以外にも、それ以下にも生きることはできひんねんで

 

これは、「自分が信じる記録を変えてしまえば」生き方は変わるって事ですね。

 

自分は「自分はこのような人間である」と、ある程度考えて生きていると思う。

短期だとか、気が長いだとか、早起きが得意だとか、、、

セルフイメージですね。

僕なら、「理屈っぽいけど行動派」なセルフイメージ。

 

例えば、「理屈っぽい」どのような「記録」として捕らえるかってことだと思うんです。

①理屈をうだうだならべて頭でっかちなイメージ

②論理的に物事を解釈する知的なイメージ

今の僕のセルフイメージだと①に近そうです。

②の方が良いイメージがしますね。

 

今度は「行動派」どのような「記録」として捕らえるか。

①発想したらすぐやってみる

②何も考えないでとりあえず動き回る

これも①に近そうです。

②だとあまり感じがよくないかな。

 

ここでわかるのは僕のセルフイメージ

理屈っぽい+行動派

悪いイメージ+良いイメージ

のようです。

 

これを変えると

論理的+行動派

良いイメージ+良いイメージ

どうです?

こっちのがいい感じでしょ??

 

よし、これから「論理的で行動派」だと自分のちいさなおっさんに「記録」してもらいましょう!

明日からバリバリですよー!!

 

今日はここまでー!また読んだら書きます!

ちなみにこの本は

(∵)『かっこいい自分になるための自分棚卸しセミナー』に参加してきた!

↑この時の講師のポテンシャライズの藤浦さんに紹介してもらいました。

 

気になる方は読んでみてください。

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク