(∵)幸せな人生ってどんなんだろう?(てんつくマン あんたの神様)

スポンサードリンク

(∵)幸せな人生ってどんなんだろう?(てんつくマン あんたの神様)

 

どうも「愛知の素直な心(∵)こうじろうのブログ」です。

 

幸せな人生ってどんなだろう?そんなことを今日ふと考えた。

こーゆー答えのないようなものを考えるのがすき。

 

さて、ピンときたのがこれ。
死ぬ時によかったなと思えることを積み重ねたらいいんじゃないか?

 

時間は今この瞬間も刻一刻と過ぎ去っていますね。
僕は今ブログを書いています。

 

この刻一刻と消費される時間を「死ぬ時によかったな」と思えることに費やしているかどうかを考えたらいいのではと。

 

このブログを書いて「死んだ時によかったな」と思えるのかどうか。
僕は良かった方の消費かなと思う。

 

例えば、30万円するドルガバの高級ジャケットを買ったとして死ぬ時にこのジャケットを買えたから僕は幸せだったな。って思うかどうかだと思うんです。
幸せだと思う人もいるかもだけど僕は思わない。

 

この場合ジャケットを買うための費用を捻出する時間消費とかも含んでもいいと思う。

その時間を他の死ぬ時によかったと思える時間消費に変更できた方が幸せな人生なんじゃないかなと。

 

じゃあどんなことが死ぬ時に幸せな人生だと思わせてくれるのかな。

 

自分の所有物ではないでしょう。さっきのジャケットではなくても高級車でもデカイ家でもステレオセットでも。死んだら意味がないからね。
物ではなくて、、、

 

心でしょう。

 

死んだとしても誰かの心に残る人になる。
だとしたら、自分のためではなく誰かのために生きる。

 

これではないか!

 

 

自分が消費している時間は誰かの役に立つだろうか?って基準。

このブログを読んで、誰かが何かを感じることができたのなら、僕がこのブログに消費した意味があるんだとってことかな。

 

自分ではなくて誰かが。これ具体的な個人でも大きなくくりでもいいと思う。

 

ふとこんなことを思ったのだけど、なにかの影響受けてるんじゃないかと考え直した。

 

、、、、、

 

、、、

 

、、

 

あー。
「てんつくマン」の「あんたの神様」という本を最近読んでいたので影響受けてました。。
こんな本です。

てんつくマン

てんつくマンはもともと吉本の人で山崎邦正の相方やってん。
お笑いやめて映画監督になって今はNGOで海外支援したり困った誰かのためにワクワクしながら生きてんねん。

そんなてんつくマンには「安永さん」っていう神様がついてんねん。

アロハシャツ着て短パン履いて、いつもてんつくマンを見守ってんねん。

てんつくマンが誰かのために何かをワクワクできるように仕向けてくれんねん。

そんなてんつくマンがてんつくマンになるまでのお話となってからのお話と安永さんの価値観なんかがのってんねん。

もちろん関西弁やねん。

 

てなわけで、きっと影響されました。方言も影響されときました。
何かする時はこれは死んだ時によかったと思えることなのか?を自問自答して生きていったら死んだ時後悔しないな。

そんな人生を歩もうとこのブログを書きながら思うのでした。

 

 

おわり。

 

気になる方は読んでみてね!

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク