NLPについて簡単に書いてみる。

スポンサードリンク

NLPについて簡単に書いてみる。

NLPって心理学を学んでいます、今回は簡単な説明をしていきます。

NLP(神経言語プログラミング)

パソコンのプログラムのように人間も学習していきます。

例えば、両手を前で組んでみてください、どちらの親指が上でしょうか?右?左?

では、自然に組んだ手を逆にしてみてください。

先ほど下だった親指が上に来ますね。

どうですか?違和感を感じませんか?

僕は右の親指が上になります、自然にそうなります。

逆にすると、違和感があります。

これが一つのプログラムです。

まぁ。これはどっちが上でも下でもいいです、どうでもいいプログラムでしょう。

例えば、たき火をしていて火に近づいてやけどをしたとします。

そもそも火を見たこと聞いたことなければ気にせず近づきます、赤ちゃんとかそうですね。

そう、何かを経験するとプログラムされます。

やけどした人のプログラムは1つとは限りません。

火には絶対近づかない!(恐怖)というプログラムにする人もいるかもしれません。

このくらいまでは近づいてもいいかな。(冷静に)って人もいるかもしれません。

火ってすごいなぁ、大好き!(いい感じ♪)って人もいる、、かもしれません。

それぞれのプログラムを持った人は同じ火を見ても違う反応をするようになりますね。

ちなみに僕はたき火大好きです!いい感じ♪のタイプです。

ところでこのプログラム、小さな頃にプログラムされたものが大人になっても適用されうまくいかないことがあります。

小さい頃、お父さんが怒ってると理不尽だと思っても怖くて震えていたとします、あー僕もありますが。

大人になってお父さんのような人を目にして怒ってるイメージを思い出してうまく会話ができない、とか。

この、昔はうまくいっていたけど、今ではうまくいかないプログラム、これが重要ですね。

もしくは、ある場面では有効で、他の場面では不都合だけど適応されてしまうプログラムなど。

このようなものに注目してプログラムを書き直していく。

NLPでは色々なテクニックを使ってこれをします。

プログラムを書き換えるためには

自分にはどんなプログラムがあるのかを知る、気づくことが大切です。

そして、どうなりたいのか。

このような事を学び気づき書き換えていくと、生きるのが楽になり楽しくなりますよ!

終わりに。

まぁ、ひとまずは簡単なNLPの説明でした。

あなたにはどんなプログラムがあるでしょうか?

たき火はどうですか?

親が怒っていた時どんな反応だったでしょうか?

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク