○○は××である、という思い込みが選択肢を狭めている!僕は温泉が好きだ!

スポンサードリンク

午前中から日帰り温泉での気づき。

日本酒が好きなので蔵開き(岐阜岩村の女城主)と街並み散策に。

9時頃家を出て12時くらいに友人家族と合流、古い町並みを散策、蔵開きに行くってコース。

予定より早く着きそうだったところで1回行ったことのある花白温泉駅へ立ち寄った。
ここは駅の真横に温泉施設があって何年か前に登山で訪れて入ったことがある。

営業時間が11時からとちょうどオープンしたところ、ついでに合流地点まで10分もかからない。

30分くらい入れるか、と温泉に浸かっていくことにする。

手ぶらだったけどタオル売ってるし問題なし。

湯船は2つあって花白温泉と気まぐれ白湯、少しとろっとした泉質好きです。

そして、湯船は2つで8人も入ったら満杯な感じ、まぁオープンしたて3人しか入ってなかったからOKですが。

午前中から快適だぁ、いい湯だぁ、と幸せをかみしめていると。

そーそー、温泉大好きなんで、僕、旅行行ったら温泉入りたい!人です。

そーいえば、日帰り温泉って朝入ったことないよなぁ、とふと思う。

旅館に泊まって朝入るはあるけど。

だいたい、登山のあと、とか、作業のあと、とか。

日帰り温泉は汗を流すために入る

日帰り温泉は一日の締めに入る

みたいなのあるな、と。

この思い込みがあると、出かける予定の中に午前中に日帰り温泉って選択肢はないよなぁ。

まぁ、なくてもいいんだけど、でも選択肢狭くしてるよなと思った。

さすが、いい湯だ、思考もクリアだ。

日帰り温泉は午前中に入ってもいいのだ!

当たり前だよね、午前中から営業してるもんね、お客さんはいるしね。

なのに、勝手に自分で結構無意識に、切り捨ててたな、この選択肢。

このような無意識にやってる行動にきづくと選択肢広がって、うまくいく可能性広がりますな。

ここでNLPのお話。

人がうまくいかない行動の一つに思い込みがある。

NLPではうまくいかないってのを選択肢がないか少ない状態としている。

例えば、夫は家族のために働くべきである、妻は支えるものである、みたいな。

昭和のおやじみたいだけど、こう思っている人いるかもしれない。

そもそも、人それぞれなのだから男はー、とか女はー、とはないのに、これはこうだって思い込むと、うまくいかない。

役割(ここで言うならば夫、妻)にラベル(こーゆーものと決めつけて)を張って自分とは切り離して生きるのって結構大変だよな、と思う。

そして、役割でない自分自身はどうだろうか?って思うこともなく、自分自身=役割(夫や妻、上司とか)になっちゃうとこれまた大変。

さて、自分て何がしたいの?どうしたいの?

そのうち自分自身が消息不明になってしまうかもしれない。

果たして誰の人生なのか?

今回の日帰り温泉の話のように、無意識に選択肢を狭めていることがあるかもしれない。

それは、別に大したことではないかもしれないけど。

自分で自分の選択肢を狭めているかもしれない。

という立ち位置で自分を見つめてみると何か発見があるかもしれない。

あーいい湯だ♪

終わりに。

快適な温泉時間を過ごして午後は女城主の蔵開きに行ってきました。

300円で日本酒3種類(僕らの行ったときは5種類あった)飲み放題。

ついでに200円の買い物券もらえるとか、本当に素敵なイベントだ。

ちょっと飲みすぎた感があるけど、楽しい時間となりました。

花白温泉について詳しくは→http://hanashiro.net/

女城主について詳しくは→http://torokko.shop-pro.jp/

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク