色々な価値観を楽しめると楽しい時間が増える ステーキの宮 店員さんの一言から。

スポンサードリンク

色々な価値観を楽しめると楽しい時間が増える

アドラー心理学では人それぞれが自分特有のメガネをかけて生きている、と考えます。

また、NLPでは人それぞれの地図を持っている、としています。

すなわち、世界は人それぞれの認識によって、それぞれが見ている世界があるということですね。

ステーキの宮での話。

今日、産まれて初めてステーキの宮にランチを食べに行った。

ゲンカサラダと言うおそらく原価にかけている、安いのにボリューム満点のサラダ、これはいい!

ゲンカサラダ100円これで100円は激安。ちなみに2~3人前のだいぶでかそうなゲンカサラダもあった、グループで行ったら頼もう。

あと、料理を注文すると付いてくるスープバーは4種類もあってすべておいしい。
日によって違うのかはわからないけで、中華、トマト、コーンスープ、クラムチャウダーがあった。

もちろん、お肉(あ、ステーキはたべなかった)系ハンバーグおいしかった、特に玉ねぎたっぷり宮ソース。

ステーキの宮日替わりランチ850円日替わりランチ850円、ハンバーグ、チキン、アジフライ

個人的にハンバーグの付け合せにスパゲティーがあるのは好き。

店員さんの一言にフォーカスする。

お冷の時にキャンペーン応募券をもらった。

応募券ステーキの宮旅行ペアで当たったりする、よく飲食店にあるね。

この時、店員さんが、

「前回やった時はアルバイトの子のお母さんが当たったんですよ、意外と当たるみたいです。」

と言って応募券を置いて行った。

この一言すごくいいなぁって思ったんですね。

なんか自然な感じで言ってる感じが、一言マニュアルじゃない感じの言葉があるっていいなと。

親近感が湧くような、近くなるような。

なんだか食事の時間もなおよくなった感じがします、その一言で。

ダメな所にフォーカスする。

僕、もともと飲食店、ファミレスで長いこと働いてまして過去に。

だから、人員配置やら店内の清潔感やら接客態度、盛り付け、、、、チェックするのが癖で。

そして、出来てない所を見つけては、ここをこうすればいいのに、こーだからダメなんだ。。。

なんてやってたんですね。

人の悪いところばかりみてジャッジして、、、、。

だから、いつも楽しくないように悪いこと悪いことさがしてやってたんすよね、そんな気はなくても。

ようは、悪いところばかりに注目する、フォーカスする、意識する、そんなメガネで世界を見ていたんです。

今思えば、なんだかなーって感じですが、当時はそれが正しい(正しいとか間違ってるとかないのに)て思ってたんですね。

何にフォーカスして生きるか。

僕は、悪いことフォーカスしていたのが、最近、いいなって思うことに当てるように変化したって感じです。

いいなぁ、楽しいなぁ、幸せだな、って時間が増えている、そんな感じがします。

自分が変われば世界が変わる、なんて言いますが、まさにメガネをかけ替える(比喩としてですが)と世界は違って見えるのですね。

体感すると、まさにそうだなぁと思います。

あなたはどうでしょうか?

自分はどんなメガネをかけて生きているだろうか?

どこにフォーカスして、焦点を当てて、生きているだろうか?

自分がかけているメガネが自分の人生を映し出しているとしたらどうだろうか?

関連図書

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク