相手は鏡。思い込みに気づくには人と関わることが大切ですね。

スポンサードリンク

相手は鏡。

先日、フェルデンクライスのトレーナーが悟りを開いたお坊さんの話をしていた。

ある人がそのお坊さんにインタビューをして、なるほどこの人はこんな人なのかと思って終わったそう。

そして、次の日、ふと気づいたことが「お坊さんの印象は全て自分のことだ!まるで鏡のようだ。」と。

へー、なるほどなぁ、なんて思いながら聞いて、ふと思ったことがあります。

先日NLPの話で人は自分の興味のある所に意識を向けていると書きました。

赤いもの、に意識が行けば赤いものをたくさん見つけることが出来ます。

同じ部屋に居ても、意識を「明日の嫌なこと」に向けていると赤いものはたぶん目に入ってきません。

相手は鏡、ひとつの解釈としてこんな事が言えるな、と思います。

相手は鏡の一つの解釈


自分が誰かと話をしている場面を思い出してみてください。

何に意識が向いているでしょうか?

ちょっと抽象的かな。

そうですね、例えば、自分が大好きなブランドの時計を相手がしていたとします。

そしたら、きっと、相手の時計に目が向くのではないのでしょうか。

そのことについて話をするかもしれないししないかもしれないけど、意識は向くのではないでしょうか。

その相手に、どうしても言いにくいけど伝えなければならない事があったとします。

言いたくないなぁ、、、、って自分の内側に意識を向けていると相手の時計に意識が向くことはないかもしれません。

って、ここまでは比較的分かりやすいかと。

次に、誰かと話をしていてイライラした場面はなにか思いだせるでしょうか?

僕なら、こないだ母親と電話してイライラしました。笑

母 宅急便で荷物を送ったけど届いている?

僕 いや、まだだよ、仕事があるから受け取りは明日以降になる。

母 なにやってんのよ。早く受け取らないとみかんが痛んじゃうじゃない。

僕 いや、そういわれても、仕方なくない?(イライラ)

自分の都合を押し付けて来る(ように感じて)のにイライラするのですが。。。

なぜイライラするのかと言うと、

なにやってんのよ。早く受け取らないとみかんが痛んじゃうじゃない。

を、

母の都合を押し付けてくる

と、

変換して(事実かどうか分からないのに)、

そこに意識を向けて、イライラするのです。

よって、

相手の都合を押し付けられる=嫌なこと(イライラする)

と等式が立ち、

相手の都合を押し付けられたくない!って自分が思っていると分かります。

すなわち、

相手は僕に都合を押し付けてくる、と思い込んでいるわけですね。

そして、なにやってんのーって言葉を裏付け証拠として、

やっぱり相手は僕に都合を押し付けてくるではないか、

と証明されるわけです。

誰かと話をしていて、イライラしたり何か反応したら、

自分が何か思い込みがあるんだなってことが分かります。

で、その思い込みはそのままでもいいし、変えたきゃ変えればいいのです。

終わりに。

自分が反応していることに思い込みがある。

それに気づくには人と関わること。

相手は鏡の一つの解釈になったかと。

ところで、思い込みがなーんにもなくなったらどうなるでしょうか?

それこそ悟りを開けそうですね。

もしかして、苦しい悲しい寂しいや、楽しい嬉しい、こんな感情も感じなくなることだとしたら。

僕はほどほどでいいかなぁ、、、、なんて思います。

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク