誰かが誰かの師匠である。名古屋駅近のぽってじ家でサムギョプサルを焼いてもらう。

スポンサードリンク

先日NLP仲間とサムギョプサルを食べてきた。

その時の店員さんとのやりとりから。

そのお店はサムギョプサルをお客さんの前で店員さんが作ってくれるのです。

豚肉やキムチや野菜を焼いてくれて、あとは巻いて食べてください、となる。

焼いてくれた店員さんは高校3年生でアルバイトは数か月前から始めたらしい、ちなみにドラムを叩くらしい(ドラマー)。

僕らがなんやかんや話しかけているのに答えながら手際よく焼いていく。

僕らはその手際の良さに「すごいなぁ」と言っていると

「いえいえ、私なんてまだまだ分からない事ばかりで。。。」とバイトさん。

「いえいえ、我々からしたらサムギョプサルの師匠ですよ」と僕ら。

たしかに僕らは社会人だしあなたより早く生まれているかもしれない。

でも、だからといってサムギョプサルはそんな手際よく焼けない。

そして、きっとあなたよりドラムをうまく叩けない。

別に偉ぶる必要はないけど、自信を持ってやったらいいと思う。

世の中のほとんどの事、例えば、テレビの作り方とか、全動物の名前とか、経済の仕組みとか、、。

知らない事ばかりです、僕は。

そして死ぬまでにすべての事を知ることはないでしょう。

だから、誰かのやってることを自分も全てやることはできない。

だから、誰かは誰かよりも知ってることもあるし知らないこともある。

もし、自分のが上だとか下だとか思うのは、なんだろ、ある一つの事柄に限定して部分だけのことでしかない。

それが全てではない事は明確である。

誰かは誰かの師匠だし逆の関係でも違う何かで師匠であるのです、きっと。

(アドラーでは上下ではなく横並びの関係って考えがあるがそれが思い出される)

てなわけで、名古屋駅のぽってじ家、いいお店でした。

もちろん、サムギョプサルも絶品ですよ!

ぽってじ家食べログリンク→ここをクリック

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク