勝手に相手も自分と同じように捉えていると錯覚してないだろうか?

スポンサードリンク

仕事場にて。


仕事で出会う子供の一人に補聴器をつけている子がいる。

今日、その子のお母さんに耳について聞いてみた。

その時の気づき。

どう世界を捉えているか。

どうやら、その子の耳には音は歪んで聴こえているらしい。

音が歪んで聴こえるってどんな感じだろう?

想像はできても実際その子にしかわからない。

いくら、こんなかな?こんな感じかもしれないぞ?

なんてやってもその子以外にはわからない。

そもそも、僕が聴こえる音が歪んでいない確証はないし。

NILの話と共に。

NLPでは人はそれぞれの地図を持って生きている、

と考えている。

僕が聴いてる音とその子が聴いている音は元の音は同じでも、

それぞれの体に入ったら違う音として捉えている。

猫の鳴き声が聞こえたとして、猫の鳴き声だ!と二人とも認識しても、

どう聞こえているか?はまったく違うかもしれない。

100%わかることはなくても、

どう聞こえているのか?をそれぞれシェアしたら、

少しは理解できるかもしれない。

どう見えているか?

どう聞こえているか?

どう感じているか?

どう思っているか?

もしかして、

勝手に相手も自分と同じように捉えていると錯覚してないだろうか?

とか思ったり。

終わりに。

今度その子にあったらどう聴こえるのか、聞いてみよう。

そしたら、その子の世界を知れてよりよいコミュニケーションが図れるかもしれない。

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク