完全版 鏡の法則、親子関係の課題、野口嘉則、実践的、感想。

スポンサードリンク

完全版 鏡の法則 野口嘉則


読書ブログです。

知り合いにお勧めされ1~2時間で読めるよと貸してもらいました。

はい、サラッと読めました、が、泣きました。

この本は題名にもある「鏡の法則」の実際にあったお話と解説、実用手段で構成されています。

10年ほど前のものに、完全版では解説がより細かく載せられているようです。

この増えた解説部分が実践的でよかったです。

鏡の法則とは?感想など。

私たちの人生の現実は、

私たちの心を映し出す

鏡である

本文より抜粋

人生で起こることは、自分の心が映し出されている、という事です。

これはうまくいく事も、うまくいかない事も、含めてですね。

また、本書の中では親子関係について課題のある人に向いている事例が多いです。

自分の親との関係、自分と子供との関係がより円滑になるかと思います。

親子関係は課題になりやすいですから、多くの方に当てはまるのではないでしょうか。

ところで、なぜ親子関係が課題になりやすいのでしょうか。

次に考察を書いてみます。

親子関係が課題になりやすい理由

子どもは大人のサポートがなければ生きて行くことはできません。

そして、大人として一番多く関わるのが親である事が多くの場合ですね。

子どもは親から色々な事を学び、また、その関係性から自分の欲求を無理に押し殺すこともあります。

例えば、なにか悪いことをしたと思われて頭ごなしに怒られたり、

忙しい親を見て甘えたい気持ちを隠して平気なふりをしたり、

親のして欲しいことをするあまり自分のやりたい気持ちを押し込めたり。

怒り、悲しみ、ワクワク、苦しみ、寂しさ。。。。

色々な感情を抑えることがその場をうまく行かせる方法だったのかもしれません。

しかし、その抑圧した感情が大人になった自分のブレーキになるのです。

嫌いな上司との関係、隣の意地悪なおばさんとの関係、鼻に付く友人との関係、

その人を嫌いな理由は?そのおばさんのどんな所に意地悪さを感じるのか?何が鼻に付くのか?

実際にNLPのカウンセリングやコーチングで紐解いていくと、

このような問題の根源に子供の頃の親との関係が浮き上がってくることが多いです。

子供は大人の保護を必要とします、課題は少なからず出来るものなのかもしれません。

それぞれの親子にそれぞれのドラマがありますね。

課題があるな、と感じる方は向き合ってみるといいかもしれませんね。

終わりに。

本書を読んで実践していくときっと親子関係の課題の解決に繋がるかと思います。

すぐ実践できる方法も入っていますし読むだけでも気づきがあることでしょう。

よい本です。

そして、NLPやアドラーなんかと本質は一緒だなぁ、と感じました。

お勧めの本があればぜひ教えてください。

お勧めありがとうございました!

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク