どうも苦手なあの人との関係を改善する方法

スポンサードリンク

苦手なあの人。


NLPブログです。

いやー、どうしても苦手なんだよなー。

話した方がいいのは分かってるんだけどなー。

やっぱり、あの人、苦手。。。

こんな相手、まわりにいませんか?

もし、そんな相手との関係を改善したいのなら、

この方法をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

準備する。

椅子(もしくは座布団)を2つ用意します。

一つは自分、一つは相手だと思って椅子を好きに配置してください。

距離や向きは自由です、思うままにやりましょう。

やってみる。

それでは、自分の椅子に座ります。

相手(の椅子)に向かって、思う事、言いたい事、好きなように伝えましょう。

日頃言いにくいことも、今感じてる感情も、なんでも好きに伝えましょう。

相手は、いません、あくまで、相手の座ってると想像する椅子があるだけです。

十分に伝えたと思ったら席を立ちます。

 

次に、相手の椅子に座ります。

先ほどの自分の椅子から伝えたことを、十分に感じてみてください。

そして、自分の椅子に向かって、思う事、言いたい事、好きなように伝えます。

もし、感じるものがあればそれもそのままのサイズで伝えてみましょう。

十分に伝えたな、と思ったら席を立ちましょう。

 

そして、また、自分の椅子へ座ります。

相手から伝えられたことを良く感じてみてください。

どうでしょうか?

さて、ここまでやってみてどんな気づきがあるでしょうか?

また、二人の関係性は客観的に見てどうでしょうか?

次回その相手との関係性をどう変化させられるでしょうか?

終わりに。

自分の価値観や基準で人は生きていますね、僕もそうです。

なので、相手も自分とは違う価値観や基準で生きています。

まず、そのことに気づくことは大切なことですね。

体験することほどパワフルな気づきはないと僕は思います。

どうかなぁ、、、なんて思っても1回試してみるといいかもしれません。

相手の椅子に座ってみると見えてくるものがあると思いますよ。

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク