フェルデンクライスのグループレッスンでの気づき。

スポンサードリンク

フェルデンクライスのグループレッスンに先週末参加してきました。

今回はフェルデンクライスの書籍「フェルデンクライス身体訓練法」に載っているレッスンを行いました。

この本は持っているので今回行うレッスンも自宅で読みながら何度も行った事があります。

果たしてどんな気づきがあるでしょうか。

感想など。

グループレッスンはトレーナーの言葉に従って体を動かしていきます。

しかし、一生懸命やる!のではなく意識を体に向けてそしてリラックスして行うのです。

これが、難しいのですよー、一生懸命やっちゃうんですね。

で、今回は一生懸命やる!ではなく気持ちに従ってやる、みたいのができてるなと感じました。

トレーナーもただ動作として行うのは成果が少なく、意識を向けてそしてリラックスしてやる、

もし一生懸命にやるくらいなら、やらないほうがまし、と。

まぁ、いつもいわれるのですが、今回はなんかいつもより出来た感じ。

自分でやったことのある動きだったから安心感があった、のかもしれません。

誰しも慣れてるものをやるときは余裕があるものではないでしょうか。

慣れてる→先の行動がわかる→安心感

初めて行う→先の展開不明→不安

こんな感じで自分の中にあるようなきがします。

まぁ不安はだいぶ少ないとは思いますが。

終わりに。

フェルデンクライスは身体の本来の動きを取り戻すレッスンです。

そして、身体と心は同じです、よって体の動きのアプローチにより心にも変化が生じると考えます。

僕はこの考えが好きです。

レッスン時以外でも自分に意識を向けて生きてます。

やってこー!

では、また。

No tags for this post.
□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク