自動的な行動に気づくことが柔軟に生きることに繋がります。

スポンサードリンク

自動的か選択しているか。

こないだ、ふとスマフォの壁紙を変えてみました。

そして、ついでにアイコンの位置を全て変更してみました。

すると面白い事が起こりました。

何が起こったか。

メールをチェックしようかなぁとスマフォを開いた時。

画面を確認することなく、

自動的に、自動的に!

カメラを起動したのです、自分の指が。

そう、前までアイコンのあった場所に自動で指が動いたのです。

指をここに動かそうと意識していたのではないのに、

メール開こう→指が動く、となっていて

メール開こう→画面確認→指が動く、この確認行動が自動化してたのです。

いやーびっくりしました。

どう捉えるか。

これは、非常に効率的な行動だとも考えられますね。

体が覚えている、なんて言う事もあるでしょう。

何度も何度も同じ行動を行うことで自動化が形成されたのですね。

いいじゃないか!って話でもあるわけですが、僕がびっくりのは、

自分が選択せずに行動をしている事が他にもたくさんあるのではないか?

それは自分の可能性の広がりを妨げているのではないか、と気づいたのです。

例えば、朝起きたらこれをする、これをしなくちゃ気持ち悪い、そんな行動ないでしょうか?

これなんかも一つの自動的になっている事ですね。

なにかにこだわるのも素敵だけどそれがないと不自由に感じるってのも考え物ですよね。

だって、それをしないと嫌な気分になるなんて、窮屈な感じがします。

ただ、こだわることによってパワーがあったりもするよなぁとも思います。

僕はこだわりも良いけど変化できる柔軟性を持って生きたいと思いますね。

終わりに。

昨日は仕事帰りにいつも行かないスーパーへ足を延ばしてみました。

結果、何も買わずにいつものスーパーで買い物したので無駄な動きだと捉えることもできます。

ただ、実際行ってみないとわからないことがあり違う行動したからこそ大切さに気付いたりもしますね。

遠いスーパーは安い店って認識だったけどそうでもない、とか、いつも行く店は場所がわかって楽だなぁとか気づきました。

同じ行動も出来るし、違う行動も選択できる、その場に応じて柔軟に行動できる。

そんな生き方をしていきたいとより思いました。

さて、今日はどんな気づきがあるでしょうか?

□スポンサードリンク

開催イベント

NLPコーチングモニター募集しています→詳細はこちら   体験型のアドラー心理学を学ぶ会(ELM勇気づけセミナー)開催しています→詳細こちら
URL :
TRACKBACK URL :

オープンなコメント欄

*
*
* (公開されません)

スポンサードリンク